前置詞と格

ネタがないので適当に軽く書きます。

言語やってる人には常識?な話ですが、
前置詞についての話です。

分かりやすい例で英語と日本語を比べて見ます。(こればっかりですね
※日本語は膠着語なので細かく言うと名詞の格ではないですが・・・。

Go to school
学校行け


Wait at Station
にて待て


英語は格がありません。全部前置詞です。
日本語に前置詞はありません、全部格(格助詞)です。

名詞にくっついて「場所」や「方向」などを意味を付加するのが「前置詞」や「格」ですね。
つまり2つは同じ役割のものなのですが、言語によってどっちかしかなかったり、両方あったりします。
言語はどちらかに収拾する傾向があるようです?

エスペラントは人工言語のくせに両方存在します。

Iri domon.
Iri al domo.

(どちらも家へ行く)

エスペラントはこの面だけ見ても簡潔な言語ではないといえます。

人工言語だからって完璧ではないと分かる一つの例です。
というか両方あったほうが良いのか、片方だけが良いのかは分かりませんけどね。

おまけ
きょうテレビで見ました
「ビールは、太らない」
いや、ビールは生きてないしね。なんてね。

謎はそのうち解きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

try

Author:try
千葉県1992年生まれ。
東京工業大学・生命理工学部
趣味はアニメ・ラジオ・ゲーム全般。声優に詳しい。
野球も好き。広島カープファン。
言語学が趣味で生物学は勉強中。語学はロシア語と中国語。
「学習は問題場面において解決を求めて行なわれるランダムな試行錯誤の結果生じるものだ。」―Thorndike

Twitter
 
最新記事
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

茶の部屋 ---- Traveler Of NULL

ヲタセロナ

‐Memory Door‐ ~Ultra Busters!~

ノーザンクロス
フリーエリア
↓気が向いたら押してね 気が向いたら押して下さい にほんブログ村 外国語ブログ 言語学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 にゃんこい!ブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる