スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疑問に思った日本語

世界史の発表のために、アニメも見てないし睡眠時間も取れてないので今日は軽く。
そのうち世界史の発表の内容も載せます。




最近疑問に思った日本語を挙げておきます。
ググればすぐ出るかもしれませんが・・・

・適当
適して当っているのに、どうして「がさつに」や「粗雑に」という意味に使うんだろう。
政治家がよく言う「適切に判断いたしました」の「適切」が本来の意味で聞こえないが、それみたいに「適当」を使いすぎてそういう意味になったのか?
「善処いたします」の「善処」がそうでないように。

・良い加減
良い(好い)加減なのに、これも「適当」と同様に逆の意味で使う。
この場合に使うときはイントネーションが微妙に違う。

・今度
今(いま)の度(たび)なのに、次の機会の事に使う。

・ださい
どういう変化で出来た言葉か分からない。
単語家族が見当たらない。
「さぼる」(サボタージュする)みたいに、外来語起源?

※追記
ださいは「田舎い」を「たしゃい」と読んで、「田舎臭い」と言う意味に使い、それが変化したという説があるらしい。こんな最近の言葉の起源もなんで「説」なんだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

乾隆帝の趣味とかいう適当(←)なテーマでいい加減(←)でださい(←)発表をしたら思いの他好感触で焦った俺が通りますよ。
お前の今度(←)のブログが楽しみだぜ。

No title

他にも「貴様」とか字面的にめちゃくちゃ尊敬をあらわしてるのに見下した感あるよね。

No title

乾隆帝の趣味w聞きたかったwww

尊敬語が逆に見下した感じになるのは江戸時代頃にはもうあったらしいよ。
「お前」「手前(てめぇ)」とかも同じ感じか。

そろそろ日本語の二人称もやるか。
プロフィール

try

Author:try
千葉県1992年生まれ。
東京工業大学・生命理工学部
趣味はアニメ・ラジオ・ゲーム全般。声優に詳しい。
野球も好き。広島カープファン。
言語学が趣味で生物学は勉強中。語学はロシア語と中国語。
「学習は問題場面において解決を求めて行なわれるランダムな試行錯誤の結果生じるものだ。」―Thorndike

Twitter
 
最新記事
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

茶の部屋 ---- Traveler Of NULL

ヲタセロナ

‐Memory Door‐ ~Ultra Busters!~

ノーザンクロス
フリーエリア
↓気が向いたら押してね 気が向いたら押して下さい にほんブログ村 外国語ブログ 言語学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 にゃんこい!ブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。