スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エスペラント:名詞・格①

今日もやります、エスペラント。
実は文化祭で雑誌にエスペラントを掲載するので、その練習です。
どっかの高校の文化祭でエスペラントの記事をかいた人がいたら99.999%俺です。

今回は名詞です。
固有名詞・人称名詞以外の名詞は全て-oの接尾辞を持ちます。
しかし変形があります。つまり-oで終わっているわけでないんです。今回はそれについて。


まずはというものから。
日本語にもありますが、名詞には格があります。英語にはないですね。全て前置詞であらわしています。だからめんどくさいんです、英語は。

日本語は「~が」「~を」など、格助詞と呼ばれるもので格を示しますが、エスペラントの場合は
主格対格の二つだけです。前置詞がありますが。


主格はそのまま、-oで終わります。

Abro staras.
(木が立っている)

対格は-nをつけます。人称名詞にもつけます。修飾語にも付きます。
対格は英語の目的語に当たる事が多いです。例外的な使い方もありますが。
厳密には「状態動詞の補語以外の、文の主格以外の名詞」につきます。が難しいのでココでは触れません。

Mi dankas vin.
(私はあなたに感謝しています)

Mi vidis birdon.
(私は鳥を見ていた)

Mi desegnis bluan c^ielon.
(私は青い空を絵に描いた)

どうでしょうか。
vi(あなた)がvin(あなたに)になりました。
birdo(鳥)がbirdon(鳥を)になりました。
blua c^ielo(青い空)がbluan c^ielon(青い空を)になりました。

bluaという形容詞(名詞を修飾する語)も対格になっています。
正直順番間違えました。形容詞を先にやるべきでした。文化祭ではきっちりします。木津千里。certa.


グダイので次に行きましょう。
本来「名詞」といったらこれがメインでした。

複数形
です。

日本語に無いタルい忘れやすい用法、複数形です。
慣れると普通に使えます。

複数形は-jをつけます。

また気付きました。私は馬鹿です。格の前にこっちをやるんでした。

Arboj staras.
(木々が立っている)

Mi ne memoras vortojn.
(私は単語を覚えていない)

abro(木)がabroj(木々)になりました。
複数形に対格がつきます。-jが付いた後に-nが付くんです。
本当に私はアホです。順番が逆です。
Reale mi estas stulta.

今日の一文
Mi estas stulta!
私は馬鹿です!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

try

Author:try
千葉県1992年生まれ。
東京工業大学・生命理工学部
趣味はアニメ・ラジオ・ゲーム全般。声優に詳しい。
野球も好き。広島カープファン。
言語学が趣味で生物学は勉強中。語学はロシア語と中国語。
「学習は問題場面において解決を求めて行なわれるランダムな試行錯誤の結果生じるものだ。」―Thorndike

Twitter
 
最新記事
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

茶の部屋 ---- Traveler Of NULL

ヲタセロナ

‐Memory Door‐ ~Ultra Busters!~

ノーザンクロス
フリーエリア
↓気が向いたら押してね 気が向いたら押して下さい にほんブログ村 外国語ブログ 言語学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 にゃんこい!ブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。