スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「早い」と「速い」

[日本語] ブログ村キーワード

「早い」「速い」

二つとも読みは「はやい」でどっちを使えば良いのか迷うときが誰しも1度はあったでしょう。

「早い」は時間的なはやさで、「おはようございます」はズバリ「お早くございます」ですね。
「速い」は空間的なはやさで、「足が速い」などと使います。

英語に直したら分かりやすいでしょう。

早い=early
速い=rapid

なんだ、簡単じゃないですか。

なんて解説して終わってるのが多いですが、

本当にそうでしょうか。

「五月雨をあつめて早し最上川」

Gathering the rain of May, the flow of Mogamigawa is EARLY.

いい加減な英訳なので意味が分かりません。

「早い」を時間的なものと見るならば、この漢字はおかしいはずです。

「BPM(テンポ)が速い」

これも変ですね。
「tempo」とは単語そのものが「時間」と言う意味です。
しかし「速い」の方を使います。

つまり「早い」は時間的、「速い」は空間的と言う大雑把な分け方ではダメなのです。

もともと日本語の読みが「はやい」と言うことは、日本の固有の言葉、文化では両方は同義なのです。
「どっちの漢字を使うか」ということで初めて区別されます。

つまり漢字の問題なんですね。
日本語でいくら議論しても意味がありません。

漢和辞典で見てみると、
「早」は
朝早くで薄暗い→時刻がはやい、先立つ
と書いてあります。

一方「速」は
ぐっと縮めて間をあけない→すみやか、テンポ・スピードがはやい
と書いてあります。

つまり、「物事が起きる時刻が早い」と「間が狭まるように速い」の違いだといえます。


で、終わりませんw
本当に言いたいのは何行か上に書いた
「もともと日本語の読みが『はやい』と言うことは、日本の固有の言葉、文化では両方は同義」
と言うことです。
日本語で書くのも変な気がしますが、この二つの「はやい」で混乱しているのは日本人だけなのです。(他の言語は知りませんがw)
では、なぜ日本人にはこの二つが同じものに見えてしまうのでしょう。


実は高一の現代文でやりましたw(多分筑摩書房の教科書w)
その答えのヒントは日本人の自然観に在ります。特に、です。
「五月雨をあつめて早し最上川」

もう一度吟味してみてください。

今回は長くなったのでこの辺で。
スポンサーサイト

テーマ : 言語学・言語論
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ああ……あの文章か。懐かしいな。

俺も一昨年あたりまで混同してたよ。上海語で

No title

ぅむむ。
毎回勉強になります。

No title

>けいおん
そう。中国語であれ?と思ったのもある。

>トトツカ御さん
全部鵜呑みにすると・・・
大変な事になりますよw

自分で考えた事なので盲点があるかもしれないです。
プロフィール

try

Author:try
千葉県1992年生まれ。
東京工業大学・生命理工学部
趣味はアニメ・ラジオ・ゲーム全般。声優に詳しい。
野球も好き。広島カープファン。
言語学が趣味で生物学は勉強中。語学はロシア語と中国語。
「学習は問題場面において解決を求めて行なわれるランダムな試行錯誤の結果生じるものだ。」―Thorndike

Twitter
 
最新記事
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

茶の部屋 ---- Traveler Of NULL

ヲタセロナ

‐Memory Door‐ ~Ultra Busters!~

ノーザンクロス
フリーエリア
↓気が向いたら押してね 気が向いたら押して下さい にほんブログ村 外国語ブログ 言語学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 にゃんこい!ブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。