ヒラメ・カレイの形の原因解明?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100118-00000767-yom-sci

以下コピペ

「左ヒラメに右カレイ」という目の偏りは、脳のねじれから始まることを、鈴木徹・東北大農学研究科教授(魚類発生学)らが突き止めた。
ねじれる方向を制御する遺伝子も特定した。人工飼育では目の位置が本来と逆になることも多く、養殖技術を改良する手がかりにもなりそうだ。
ヒラメとカレイは、誕生時は左右対称の形だが、20~40日後に目がそれぞれ左と右に偏り始め、体色も目のある側だけが黒っぽくなる。
鈴木教授らは、右目と左脳、左目と右脳をつなぐ視神経のX形の交差部で脳のわずかなゆがみが最初に生じることを発見。そこから脳全体のねじれが進み、目の位置も片方にずれていくことを確認した。
さらに、人の心臓が左側に形成される際にも働く内臓の位置決定遺伝子「pitx2」が、ヒラメやカレイでは誕生前だけでなく稚魚の段階でも再び働き、脳のねじれを調節することがわかった。遺伝子操作でカレイのpitx2の働きを妨げると、目が左に偏ったり左右対称になったりした。
人工飼育したカレイでは、目の位置が逆のものが20~30%を占めることもある。鈴木教授は「稚魚の生育環境の違いがpitx2の働きを抑えるのではないか」と話している。


以前(中学3年の頃?)に生物のレポートで適当な「予想」を書いたことがあるのですが、まぁそんな事はどうでも良いんですが、

この記事は「ヒラメ・カレイの体の変形の遺伝子的なメカニズム」の解明なのであって、「なぜそのような変形をするのか」の解明にはなっていないんですよね。
(まぁそんな事をいったら地球上の生物全てに言えてしまうのですが。

現在の進化論で行くと、
突然変異して「pitx2」の働きを得たカレイ・ヒラメの先祖が自然界に適応して生き残りやすくなり、その生き残った先祖が繁殖していき遺伝子を定着させた、と言うのが良いんですかね。
正確に言うと「生き残りやすくなり」という条件は必要ないんですが。

ところで何故「左ヒラメ右カレイ」なんでしょう。
生物学的にはどっちも「カレイ目」なので遺伝子的には近いのですが、向きが違うというのはどうも・・・。
例えば「右寄りの心臓を持つ人種」が居るみたいな事ですよね。キモい。

>遺伝子操作でカレイのpitx2の働きを妨げると、目が左に偏ったり左右対称になったりした。
もっとキモい。
ん、普通の魚か。
・・・キモい?
スポンサーサイト

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

try

Author:try
千葉県1992年生まれ。
東京工業大学・生命理工学部
趣味はアニメ・ラジオ・ゲーム全般。声優に詳しい。
野球も好き。広島カープファン。
言語学が趣味で生物学は勉強中。語学はロシア語と中国語。
「学習は問題場面において解決を求めて行なわれるランダムな試行錯誤の結果生じるものだ。」―Thorndike

Twitter
 
最新記事
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

茶の部屋 ---- Traveler Of NULL

ヲタセロナ

‐Memory Door‐ ~Ultra Busters!~

ノーザンクロス
フリーエリア
↓気が向いたら押してね 気が向いたら押して下さい にほんブログ村 外国語ブログ 言語学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 にゃんこい!ブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる