スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語の起源⑥

[日本語] ブログ村キーワード

アイヌ語

日本語の起源について論じるとき、よくアイヌ語が出されることがあります。
実際、高校で使う世界史の教科書や資料集などを見ると「日本語は南島諸語とアイヌ語などが混ざり合って出来た」と書いてあります。

一見、アイヌ語は北海道の先住民族が昔から使っている言語であり、日本語もその影響を受けていて正しいように感じます。
しかし、北海道は古くは蝦夷、「野蛮人の土地」であり、本土とは違う土地だという認識があったのです。アイヌ民族への迫害も何十年か前までは残っていたはずです。
現在、北海道は日本の国土として世界でも認められていますが、だからといってそこで使われていた言語が日本語の起源になっているかと言うと、それは別問題なのです。

具体的に見てみればすぐに分かります。
アイヌ語は日本語とは異質の言語だと。
一部では「アイヌ語は日本語の方言」と思っている人もいるようですが、それは間違いだと断言できます。


まず、文の形が違います。
以前ちょっと紹介しましたが(知りたい人は検索してください)、日本語は「膠着語」、アイヌ語は「抱合語」に分類されます。
具体的に言うと、(wikipedeiaからの引用ですが)
「いろいろなうわさについて、私は思いをめぐらす」と言う文章を、

usa-oruspe  a-e-yay-ko-tuyma-si-ram-suy-pa
いろいろ-うわさ  私(主語)-について-自分-で-遠く-自分の-心-揺らす-(繰り返し)

という風に表現します。単語を1対1対応させて意味があまり通じないという事は、文の形が違うという事です。(方言ならば、だいたい1対1対応で普通の文になります)


さらに単語が全然違います。
磯=イソ
のように一致するものも見られますが、ほとんどが全く違う音です。
もっとも基本的な単語である数詞を見ても、
1=シネ(←w) 2=トゥプ 3=レプ 4=イネプ・・・
と大和言葉の「ひふみよ・・・」とは大きく違います。
北海道の地名も変な響きのものが多いですが、それは日本語とは異なるアイヌ語であるためです。


母音は日本語と同じらしいのですが、「あいうえお」または「aeiou」は最もきれいな発音の区別が付く5音なので、この一致は偶然といっても良いでしょう。



現在、アイヌ語は「孤立した言語」として認められていますが、個人的には(あくまで個人的に)イヌイット(エスキモー)の言語(イヌクトゥクなど)と同じ起源を持っていると思っています。
「イヌイット」と「アイヌ」はどちらも民族名であり、それぞれのその民族の言語で「人間」という意味である上に、なんだか発音が似ている気がしませんか?
しかもどちらも北方の民族で、言語も同じ抱合語ですしね。
抱合語は難しいくてやる気になれないので予想に留まってしまうのですが。

今回は「日本語の起源ではない」と言う話でした。

⑤←
スポンサーサイト

テーマ : ことば
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

try

Author:try
千葉県1992年生まれ。
東京工業大学・生命理工学部
趣味はアニメ・ラジオ・ゲーム全般。声優に詳しい。
野球も好き。広島カープファン。
言語学が趣味で生物学は勉強中。語学はロシア語と中国語。
「学習は問題場面において解決を求めて行なわれるランダムな試行錯誤の結果生じるものだ。」―Thorndike

Twitter
 
最新記事
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

茶の部屋 ---- Traveler Of NULL

ヲタセロナ

‐Memory Door‐ ~Ultra Busters!~

ノーザンクロス
フリーエリア
↓気が向いたら押してね 気が向いたら押して下さい にほんブログ村 外国語ブログ 言語学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 にゃんこい!ブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。