Homo kiu vendas fortunon

Mi vendas fortunon al nur tiu kiu fidas fortunon.
Tiu kiu fidas fortunon povas uzi gi^n, kaj povas pensi si havas g^in au^ ne havas.
Fortunon neniu povas vidi, sed povas havi kaj distingi g^i estas en iu.

私は運を売ると言うが、運は量としてそこに存在するわけではないので在庫なんてものは無い。
更に言えば、運は売っても減るもんじゃないのでお金なんて取らない。
でも、減る事はあるんだ。

Mi porvas konservi mia men fortunon konstantan, sed fojfoje
malbenaj klientoj emigas mia fortunon malgrandan.

しかも、私の運が減ったから客の運が増えたのではなくて、両方とも減っているんだ。
逆に言えば運と言うのは組み合わせ次第でいくらでも大きくなる。
そしてその大きくなった運は、他の運を引っ張るように大きくしてゆくのさ。

Mi vendas fortunon tiel.
Kvankam mi diris aplombe, mi ne certe scias kio fortuno estas.

運ってなんだろうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

try

Author:try
千葉県1992年生まれ。
東京工業大学・生命理工学部
趣味はアニメ・ラジオ・ゲーム全般。声優に詳しい。
野球も好き。広島カープファン。
言語学が趣味で生物学は勉強中。語学はロシア語と中国語。
「学習は問題場面において解決を求めて行なわれるランダムな試行錯誤の結果生じるものだ。」―Thorndike

Twitter
 
最新記事
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

茶の部屋 ---- Traveler Of NULL

ヲタセロナ

‐Memory Door‐ ~Ultra Busters!~

ノーザンクロス
フリーエリア
↓気が向いたら押してね 気が向いたら押して下さい にほんブログ村 外国語ブログ 言語学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 にゃんこい!ブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる