スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014夏季アニメ中間評価

続きを読む

2014夏季アニメ 事前チェック

とりあえず1話は逃さないようにしたいやつ
(1期見てないアニメは2期見ません)

・白銀の意思 アルジェヴォルン
オリジナルなので

・東京喰種トーキョーグール
OPが気になるのと設定が面白そう

・グラスリップ
P.A.は作画がいいのでとりあえず

・ろこどる
一迅社なのでとりあえず

・セーラームーン
知らないんで、とりあえず

・ALDNOAH ZERO
虚淵の力見せてもらおうか

・ばらかもん
書道って珍しいのでは? 気になる

・人生
思い切ったキャストが……藤原さんのところの前田玲奈が「それでも世界は美しい」で良かったんでちょっと気になる

・月刊少女野崎くん
最近こういうの多いよね、コメディらしいんで面白ければ

・毎度!浦安鉄筋家族
裏鉄好きで中学くらいまでずっと続けて買ってたんだよなあ
三森が小鉄ってマジすか

・残響のテロル
ノイタミナ、オリジナルかな
スタッフも期待できそう

・ペルソナ4 ザ・ゴールデン
もう3年弱も経っているとは……

・黒執事 Book of Circus
まあ引き続き見るか

・レールウォーズ
・アカメが斬る!
・アオハライド
・東京ESP
特に見ない理由がない

今期視聴アニメ(暫定)

だいたいのアニメの1話を見て決めた結果ですが、今期視聴アニメを列挙します(暫定です)
ニチアサやドラえもん、サザエさんなど偶に見るやつは除きます。

げんしけん二代目
 面白いです。前作以前を觀てませんが面白い。興津さん出てるし最高です。

進撃の巨人
 引き続き。ワクワク感が一番あるのはやっぱりこの作品。OPのCDも買っちゃいました。

ブラッドラッド
 ダメ元で見てみたら面白かったです。完全にシチュが好みですね。

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!
 これもダメ元でみたら面白い。橘田いずみの使い方が容赦無いので好きです。

銀の匙
 これは最強。文句なしです。卵かけごはんが食べたくなる作品。実写でも「たべるダケ」というのがやってますが(原作しかよんでないですけど)あれににてるかも。食の大切さが伝わってくる(だろう)。

恋愛ラボ
 百合モノ? ギャグが面白かったので見ます。

とある科学の超電磁砲S
 禁書1期と同じ展開ですがやっぱり面白いなぁ。上条当麻(阿部敦)が出てきてから面白くなった。

宇宙兄弟
 勢いが止まりません。



以下微妙なライン

物語シリーズ
 期待していたのに面白くないです。おそらく、この先の展開が予想できなさすぎるのが問題。これは原作の問題でしょう。ワクワク感がない。化物語がピークでしたね。
  
ダンガンロンパ
 面白そうだったのですが、いきなりキャラが死んでこの先どうなるやら? ゲームを超えることはできなさそうですね。

空の境界
 話題作なので見ようと思うのですが、どうも全体的に暗いのであんまり気が進まない……。

ローゼンメイデン
 1話がひどかったのでもう見ないかも。

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

地球上の言語

久しぶりに記事を書きます。

NHKのEテレで「ピダハン」という民族とその言語「ピダハン語」についての番組がやっていました。
ピダハン語には未来形・過去形という形はほとんどなく、ほぼすべてが現在形、さらに数の概念・左右の概念などもないそうです。複雑な文法構造を持たず、そのためrecursion(再帰構造)をも取り得ないのだといいます。これはノーム・チョムスキーの示した生成文法、普遍文法が成り立たないということになるのです。

番組内で面白いことを言っていました。そこでは「言語学」は「科学」だと主張していましたが、「科学が信仰になってはいけない」のだと。たしかにチョムスキーの理論は、世界中ほとんどすべての言語について言えること、正確には世界にあるほぼすべての言語に共通する性質を演繹して得られた結果なのだと思います。しかし、「ピダハン語」についてはこれが言えない。世界から孤立した言語であるというのです。

世界にある言語は根源をたどると何か他の言語とつながっています。例えば、有名な「インド・ヨーロッパ語族(印欧諸語)」というのは、名前の通り、インドで話されているサンスクリットやヒンディー、それとヨーロッパの言語であるイタリア語や英語、フランス語などが共通の起源を持つことを示唆する言葉です。このブログで日本語の起源をいくつか取り上げていますが、日本語と琉球語や韓国語などは起源的に共通する部分があると書きました。この様に、世界のどこを見ても孤立した言語はないと思われるのです。1年半ほど前、科学的に全ての言語の起源はアフリカにあるという論文がNatureという科学雑誌に載りました。これは言語を生物のように捉え、音素を元に「進化」の過程をコンピュータで計算したものだったと思います。これが示すことは、すべての言語は起源的に繋がっているということです。

これが本当だとすると、チョムスキーのいう理論は、同じ起源を持つ言語をたくさん集めて演繹した結果ということになります。こう考えると、本当に「言語の本質」が言えたと言えないのではないでしょうか。生物学を例にとって説明します。

現在地球上にいる生物は遺伝情報としてDNAを持っていることは皆さんご存知でしょう。そしてそれをRNAに転写し、それをリボソームが翻訳してタンパク質を作ります。これをセントラルドグマ(中心教義)といい、ほぼすべての生物に共通していることからこう呼ばれます。これはチョムスキーの言う普遍文法に近いことだと思います。
しかしながら、現在の生物学では「必ずしもセントラルドグマをもたなくても生物は存在しうる」というのが主流です。簡単に言うと、生物は「自己複製能力を持つもの」なのです。現在ある地球上の生物は神にデザインされたわけでもなく、「たまたまそうなった」としか言えないのです。自己複製能力を持つだけなら他の物質でもできるでしょうし、実際にRNAだけでもさまざまな触媒反応ができて、生物のようにふるまうことが知られています(詳しく「RNAワールド仮説」などを調べてみてください。)
余談ですが、このことから宇宙人と地球人は違う生物構造をしていることはほぼ確実で、仮に宇宙人が地球人を捕食しても必ずしも栄養にはならないような気がします。
地球上、少なくとも「地上」のすべての生物は「コモノート」と呼ばれる同一の起源(海底で化学物質からエネルギーを得ていたバクテリアのようなものだったと言われています)から進化したことは確実でしょう(まだ深海には生物の構造が異なる未確認の古細菌がいるかも知れませんが)。
脱線し過ぎました。つまり、チョムスキーの主張は生物に例えて言うと、「地上に存在するあらゆる生物を調べた結果、どれにもDNA・RNA・タンパク質の関係が共通していたため、それらが生物の本質である」ということなのです。これは、コモノートから進化したがために共通していることを、あたかも生物の本質だと思って誤って主張したことになってしまいますね。本当の「生物の本質」は、地球外生命体にも言えるはずなのです。

同じように、「言語の本質」はピダハン語にも言えなくてはなりません。
ピダハン語が孤立した言語なのかどうかは分かりませんが、話者数がいくら少ないとしても、「言語の本質」を求めるためには一つの言語として扱うべきなのです。
科学が信仰になってしまったら人類の進歩は止まってしまうでしょう。

テーマ : ことば
ジャンル : 学問・文化・芸術

新しいブログを作りました

TRYal and error
http://d.hatena.ne.jp/tryalnigro/

DBCLSという機関の統合牧場というところで働き始めた関係で、生命科学のネタはこちらに書こうと思います。

こっちは(今あんまり書いてませんが)アニメとかゲームとか言語学にしようと思います。

プロフィール

try

Author:try
千葉県1992年生まれ。
東京工業大学・生命理工学部
趣味はアニメ・ラジオ・ゲーム全般。声優に詳しい。
野球も好き。広島カープファン。
言語学が趣味で生物学は勉強中。語学はロシア語と中国語。
「学習は問題場面において解決を求めて行なわれるランダムな試行錯誤の結果生じるものだ。」―Thorndike

Twitter
 
最新記事
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

茶の部屋 ---- Traveler Of NULL

ヲタセロナ

‐Memory Door‐ ~Ultra Busters!~

ノーザンクロス
フリーエリア
↓気が向いたら押してね 気が向いたら押して下さい にほんブログ村 外国語ブログ 言語学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 にゃんこい!ブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。